カバー画像

ライフカード


LIFECARDS

ライフカードの特徴

一般のクレジットカード中ではまさに最強のカード。ANAマイラーは持っていないと損をすると断言できるカードです。年会費は永年無料。

●年会費永年無料
●ライフカードのポイントはANAマイレージクラブに移行可能
●その際の参加登録費、移行手数料はなんと無料!
●移行レートは1ポイント=4マイル。(200ポイントから移行可能。)
●Edyチャージでもポイントが付与される!
●モバイルSuicaチャージでもポイントが付与される!
●誕生日付は毎年ポイントが5倍に
●入会3か月はポイント2倍に

>>ライフカード詳細・申込


ANAのマイルを貯めるなら、絶対にこのライフカードが持っておいてください。
それほどまでに強力なクレジットカードです。年会費は永年無料ですから、持っていても経費はかかりません。

それでは早速ライフカードの特徴を見ていきましょう。


マイルの移行手数料が無料

陸マイラーとしてまず気になるのが、クレジットカードで貯めたポイントをマイルに移行するときの手数料です。
多くのクレジットカードが参加料、移行手数料を取る中、このライフカードはすべて無料でマイルに移行できます。

ただし移行できるのはANAのマイルのみです。(JALは出来ませんのでお間違えのないように。)
これだけでもこのライフカードを作っておく価値がありますね。


マイルの移行レートが高い

ライフカードのマイルへの移行レートは1ポイント=4マイルです。

これはオフィシャルのクレジットカードと比べると決してよい数字とは言えませんが、一般のクレジットカードの中ではトップクラスです。

ただし、これはライフカードの一般的な使い方をした時のレートです。
ライフカードには誕生日月ポイント5倍サービスなどがありますので、こちらを利用するとなんとオフィシャルカードよりもレートが高くなるのです。


Edyチャージでもポイントが付く

以前より陸マイラーの間で流行っていたEdyチャージでもポイントを稼ぐ方法。
今ではほとんどのクレジットカードでできなくなりましたね。

しかしこのライフカードでは現在でもEdyチャージでポイントが付きます。(ただし一般のポイントよりはレートが悪くなっています。)

つまりこのライフカードを使いANAカードにEdyチャージ(入金)をするときにポイントをゲットし、EdyがチャージされたANAカードを使うことでマイルが貯まるという「マイルの2重取り」が可能になるのです。

もちろんANAカードにチャージしなくても、ライフカードを使ってEdyチャージすればポイントが加算されますので、それをマイルに変えることが可能になります。

同様にモバイルSuicaチャージでも同じことが可能です。


ポイントサービスも最強レベル

ライフカードのマイル移行に関しては今説明した通りです。
ただし肝心のポイントサービスの率が悪ければ話になりません。

しかし安心してください。ライフカードのポイントサービスは数あるクレジットカードの中でも最高クラスの還元率を誇っているのです。

【入会後3か月はポイント2倍】
発行月を含めずに、入会後3ヶ月間はポイントが2倍になります。
つまり10月の途中で発行されると、その後の11月から1月までがポイント2倍の月になります。

【誕生日月にポイント5倍】
毎年やってくるボーナス月。誕生日月は1ヶ月間ポイントが5倍になります。
毎年この月に大きな買い物を集中させるだけで本当にあっという間にポイントが貯まります。

【ポイントはうれしい100円単位】
一般のクレジットカードでは1000円以上でポイントが付くのがほとんどですが、ライフカードの場合は100円単位からポイントが付きます。
少額でも無駄にならず、こちらもうれしいサービスですよね。

他にもポイントの有効期限が5年間だったり、請求書のEメール送付でポイントがもらえたり、まさに最強クラスのポイントサービスです。

>>ライフカード詳細・申込