カバー画像

JALカード


JALマイルCARDS

JALカードの特徴

JALマイルを貯めるには1枚は必要なオフィシャルクレジットカード。家族同士でマイレージ貯めている方はこのJALカードが必須になります。

●年会費2,100円(家族会員1,050円)
●入会ボーナス1000マイル獲得
●翌年以降、毎年搭乗で1000マイル獲得
●搭乗ごとにボーナスマイル・区間マイル+10%上乗せ
●JALカード作成でJALマイレージバンク(JMB)に自動登録
●提携特約店での利用ではさらに高還元率のマイルを獲得!
●家族のマイルを合算できるのはこのJALカード

>>JALカード詳細・申込


JALマイルを貯めるのにまず1枚は持っていて欲しいのがこの提携(オフィシャル)カードであるJALカードです。
オフィシャルカードの場合年会費無料というわけにはいきませんが、2,100円はかなり安い方でしょう。

しかし陸マイラーとしてこのJALカードでマイルを貯めるのは、実はあまり効率が良くありません。ただし年に1回でも飛行機に乗るのであれば、このカードは作っておいた方がいいと思います。
そうではなく、全く飛行機に乗らないのであれば、あえて作る必要はなく、他のクレジットカードでマイルを貯めるのをおすすめします。(その方法は他で説明します。)


ショッピングマイル・プレミアムは必須です

まずJALカードを作るとJALマイレージバンク(JMB)に自動で登録されます。
これだけでカードの利用金額200円で1マイルが貯まります。

しかしこれだけでは効率は悪いです。
そこで「JALカードショッピングマイル・プレミアム」の会員には必ずなってください。
これは会費が2100円かかるのですが、マイルは100円で1マイル加算と倍の獲得率になります。
これで会費の2,100円などはすぐに元がとれます。

さらに提携特約店でのショッピングでは、100円で2マイルとかなりの高還元率でマイルが貯まります。


家族でマイラーはこのJALカード

一般にはあまり知られていないのですが、JALマイルの獲得は家族でマイルを貯めるときに最大限その威力を発揮することができます。

家族でマイルを貯めている場合は、必ず全員JALカードを作ります。
そしてJALカードだけが行っている『JALカード家族プログラム』に加入します。
そうすることで、家族全員のマイルを合算して使うことができるのです。

こうして書くと当たり前のサービスに思えますが、このサービスはJALカードにしかないサービスなんです。もちろんANAなどにはありません。

家族が作るJALカードは、もちろん家族会員カードで問題ありません。


JALカードを作る飛行の目安

初めに、年に1回の飛行で作ったほうがいいと説明しましたが、実際にどのぐらいの飛行で作るのがいいのか、その目安を計算してみましょう。

JALマイルは10000マイルで10000WAONに交換ができます。
10000WAONは1万円相当の電子マネーとしての価値がありますので、単純に1マイル=1円の価値があると計算できます。

すると、JALは搭乗だけで1000マイル獲得できますから、他に年間1000マイル以上乗ると年会費分は元が取れる計算になります。

東京-大阪の往復で560マイル、東京-福岡の往復で1130マイルですから、そのあたりを頭に入れておかれるとよいでしょう。
実際はショッピングなどでもマイルが貯まりますので、そこまでならなくてもいいかもしれませんね。

>>JALカード詳細・申込